恥ずかしくて病院に行けない人

糞詰まりが起こった時に、浣腸をして無理やり便を出す場合があります。

お通じがいい人も、この方法を知っておくと何かの役に立つと思いますので、ご紹介したいと思います。

便秘に苦しむ人は数多く存在し、快適なトイレをしたいと願う方は多いのではないでしょうか?

特に女性は、便秘に悩む方が多くいらっしゃるようで、自分の周りにも数多くいます。

そこで、そのような女性達に快適にトイレをして貰える様に、浣腸などの技を覚えておくと、もしかすると女性達に喜んでもらえるかもしれません。

病院に行って浣腸をしてもらえば、早い事だけど、みんながみんな病院に行ける訳ではない。

恥ずかしい思いをするのが嫌とか、時間がないなどの理由で、便秘を我慢する人が多いんです。

自分でアナルに指を入れ、便を穿り出す勇気があれば悩む心配もないけど、その場合には痛みも伴うし、手が汚れて詰めの間に糞が入るのが嫌だと、他人にお願いせざる負えない場合もあるんです。

その時に、この浣腸方法を知ってるか否かで、便秘に苦しむ人を救えるのです。

しっかりと呼んで、もしもの場合に備えておく必要があります。

糞詰まり解消手順を把握

便秘の期間が長ければ長いほど、糞詰まりを解消する難易度が変わってきます。

糞詰まりの期間が短い場合なら、浣腸程度で解消できるけど、期間が長ければ浣腸程度では解消できません。

薬品が入っている浣腸薬も、一日に使用できる量と回数が決まってるから、たくさんは使うことが出来ません。

なので、クリームを使用して指でゆっくり時間を掛けて書き出すのです。

この方法は、自分でするのは困難です。

なので、他人の力が必要なんです。

腸をキヅ付けないように、クリームをたくさん塗って、出していきます。

糞詰まりしてる場合、便は石のように硬くなってるので、無理やり出さないようにしましょう。

また、硬い棒状の物は使わないようにしましょう。

指で出なければ、下剤と浣腸を使い分け、数日間掛けてからゆっくり出すのがいいです。

決して一日で、全ての糞を出そうとは思わないようにしましょう。

多少の便が出せたら、自然に便通がよくなることもあります。

硬くなった便に水分を含ませる

便の強度を和らげる為には、硬くなった便に水分を含ませることが重要です。

その為には、浣腸剤とアナルキャップが必要です。

浣腸した後に、トイレに行く時間が長ければ長いほど、便は柔らかくなり、硬くなった便に水分を含ませることが出来ます。

しかし、浣腸後の腹痛は耐えきれる人はなかなかいません。

その為に、アナルキャップが必要なんです。

浣腸液が漏れないようにする為にも、アナルキャップを準備して、装着しましょう。

後は数時間、腹痛に耐えながら腹部マッサージを行い、腸内に堪った便にまんべんなく水分を含ませるようにしましょう。

その後、ある程度柔らかくなったかな?っと思ったら、アナルキャップを外してトイレに駆け込んで下さい。

  • ---
  • 楽天市場