挿入前にトロトロに濡らすこと

穴だからと言って、濡らさないままアナルに、そのまま挿入しては駄目ですよ!

マンコも濡らして挿入するように、アナルも同様に濡らさなければならない。

アナルの濡らし方は、色々方法があります。

マンコが濡れやすい子は、その汁を使いアナルを濡らしてあげるといいけど、そうじゃない場合は、どのように濡らしていいか戸惑うと思います。

そこで、このページでは、アナルを濡らすアイテムや方法などをご紹介していきたいと思います。

一番愛される濡らし方は、クンニをしている最中に唾液をたくさんだし、グチョグチョに濡らしてあげる方法です。

喉の奥にある、粘りの強い唾液をたくさんだし、クリやマンコを舐めるついでに、アナルも一緒に舐めてあげるんです。

舌を起用に使い、アナルの奥まで唾液を浸透させるイメージで濡らしてあげて下さい。

この方法なら、相手にも不快感を与えずに、アナルをほぐすことが出来ます。

お尻の穴を舐めるのに抵抗がある方は、ローションを使うのがいいかもしれません。

但し、ローションを使うと手抜きしてると、思われてしまう可能性もあるので、そこら辺のホローはしっかりしましょう。

この段階では、アナルの中に指を入れたらだめですよ!

ただ濡らすだけでいいんです!

アナルも細胞なので、拡張しやすいように水分をたくさん吸収させておくんです。

前戯をしてる最中に、アナルの解れ具合を確認しながら挿入するかしないか判断して下さい。

めあすは、自分のサイズが入りそうかそうでないかです。

相手に苦痛を与えるプレイも世の中にはあるけど、一般の人達はその部類には抵抗あると思います。

性行為は、気持ちいものだと思っている人達がほとんどなので、痛がらせないように、最新の注意を払い、アナルプレイをしましょう。

はじめの前戯をしっかりしておけば、アナルでもイかせることが出来るようなので、優しくそして丁寧にほぐすようにしましょう。

こう考えると、女性は得ですよね?

気持ちよくなる場所が、たくさんあるんですから。

マンコのオーガズムは、経験したことがある女性が多いと思うけど、アナルのオーガズムを経験したことがある女性は、そうそういないんじゃないかと思います。

この内容を読んだうえで、自分なりにアナルプレイをマスターして、女性が病み付きになるアナルテクニックを身に付けて下さい。

最後にもう一度言いますが、アナルにペニスを挿入する時は前戯をしてトロトロに濡らす。

そして自分のサイズになるまで解していく。

その後、ゆっくり時間を掛けて根元まで入れて下さい。

急に挿入すると、相手が腹痛を起こす原因になるので、時間を掛けてから挿入するようにしましょう。

  • ---
  • ゼリア新薬工業